笑顔の男性

頭痛の治し方を医師から教えてもらおう|効果的な頭痛改善メソッド

安易な素人判断は行わない

笑顔の女性

本当に頭が原因なのか

頭痛というのは突然やってきて、そのまま居座り続けたりして非常に厄介です。これと言って明確な原因が思いつかないのでしたら、なおの事イライラして痛みに拍車をかけてしまうと思います。仕事上のストレスであったりすることが原因であったりするわけですが、だからと言って病院へ行くのも忙しくてなかなか行けないかもしれません。症状によっては早期に行くのが望ましいですが、その前に本当に頭が原因で痛くなっているのか考えてみるのが良いです。実は頭痛というのは必ずしも頭に原因があるとは限りません。頭痛薬を飲んでも一向に改善しないのはなぜか疑問に思われた方も多くいると思います。実は肩こりが原因になっていることが多いのです。体を使うお仕事はもちろん事務作業であっても意外と知らず知らずのうちに肩こりが蓄積していることがあります。治し方としては首を回してみたり改めて肩を触ってみたりしてもしかしたら肩がこっているのではないか、と思ったら対応する薬を塗ることをオススメします。薬の種類は人によって合う合わないがあると思いますが、タイプとしてはローション系の方が塗りやすく、乾きも早いので使い勝手が良いのではないかと思います。もし肩こりが原因ではなさそうでしたら迷わず病院へ行く選択肢を考えて下さい。

医師に診てもらうのが一番

肩こり以外だから頭痛薬を飲めば良いんじゃないかと思う人もいますが安易な判断は危険です。薬の種類によっては強すぎたり対応しない頭痛のタイプだったりするケースもあるので、まずは時間を作って病院へ行きましょう。そこで医師に今までの状況を詳しく話して正確な治し方の判断を下してもらうことです。その際に薬が出れば、それを飲めば良いですが出すほどでもないと言われた場合は今後どのような市販薬を飲めば良いか治し方を聞いておいたほうが良いでしょう。その際手持ちの頭痛薬がある場合は箱なり添付文書をもって内容成分を見てもらうのも一つの手です。先ほど薬によっては効かないケースがあると言いましたが、単なる頭痛だけではなく頭の神経痛という場合があります。一見聞きなれないかもしれませんが実は頭痛によくあるパターンだそうです。そうなりますと対応する成分がまた違ってきます。だからこそ病院で納得のいくまで質問して説明を聞いてくるのが重要になります。市販薬を購入するのはそれからでも遅くはありません。なぜ先に買うことを勧められないかと言えば、薬の種類によっては有効成分が非常に多く入っていることがあるのです。例えば頭痛の有効成分であるイブプロフェンを例にとると、ある薬は65mgしか入っていないのに対して別の強い薬は200mgと倍以上の開きが出ます。不用意に強い物を飲めば副作用の恐れが高まりますので、長い間頭痛に悩まされているのであれば、医療機関を早めに受診しましょう。市販薬でも効果がない場合や副作用に悩まされることもあるので、まずは医師に治し方を教えてもらった上で薬を服用することが望ましいと考えられます。

Copyright© 2016 頭痛の治し方を医師から教えてもらおう|効果的な頭痛改善メソッドAll Rights Reserved.