笑顔の男性

頭痛の治し方を医師から教えてもらおう|効果的な頭痛改善メソッド

原因不明の頭の痛みに注意

頭を押さえる女性

自分の症状の把握が大事

良く頭痛を起こす人と、ほとんど頭痛が起こらない人がいます。普段は頭痛を起こさない人でも、前日にお酒を飲み過ぎたりすると翌日に頭痛が起こります。このように原因がハッキリわかっている場合は怖くないのですが、原因不明で痛みがしばしば発症する場合は治し方も不明なため注意が必要です。そのような人は早めに病院へいって診察を受けて医師から治し方を教わることが大事です。主に内科で治療を受けることができます。頭痛には症状によって3つに分けることができます。日常的に起こるもの、慢性頭痛、他の病気が原因で起こる頭痛です。日常的に起こるものとしては二日酔いや風邪なので、原因がわかっているものが多いです。これらは原因が治れば痛みも消えます。慢性頭痛の人はけっこう数が多くて、いわゆる頭痛持ちと呼ばれる症状です。原因がハッキリしていないのですが、痛みを抑える治療を行うのが一般的な治し方です。このような人は頭痛が起こる予兆を自分で工夫して察知することが必要です。それによって痛みへの防御ができます。一番危険なのが他の病気が原因で起こる痛みです。このようなケースではくも膜下出血や脳出血などの前兆になることがあります。急激に痛みが発症して命にもかかわるので、すぐに病院で診察を受けるべきです。緊急事態の場合が多いので、すぐに救急車を呼ぶことも必要です。頭痛というのは精神的なストレスや疲労などが関係する場合が多いので、普段からストレス解消の工夫をするなどの対策をすることが大事です。また、治し方を教わった際は普段の生活で実践してみると良いです。それでも治らない場合は再度病院に足を運んで診察を受けましょう。

突発的な激しい痛みは危険

頭痛の治療は病院の内科にかかるのが一般的ですが、脳神経外科には頭痛外来を設けているところがあります。頭痛専門の治療をしてくれるので、患者には人気があります。痛みが起こると日常生活や仕事ができなくなるほど影響がありますので、頭痛外来では生活の質を向上させるために痛みを止める治療をしてくれます。それが人気の理由です。具体的な治療法としては薬物療法になります。痛みを抑える薬や根本的に治療する薬を処方してくれます。飲み薬の他には点鼻薬、自己注射などの方法があります。また痛みの記録をつける方法を指導してもらえます。日記のように痛みの記録をつけておくと、自分の頭の痛みが発生するタイミングがわかってくるのです。それによって事前に痛みの防止ができますし、原因が特定されることもあります。また病院では脳波検査が行われます。その他にも血液や尿の検査やCT検査、MRI検査なども必要に応じて行われることがあります。ある程度は自分でも痛みの質を把握しておく必要がありますが、特に他の病気を発症するような兆候は早期に発見することが重要になります。突然の激しい痛みで吐き気や嘔吐などを伴う場合には要注意です。また同時に手足が痺れたりする時にもすぐに病院で診察を受ける必要があります。

Copyright© 2016 頭痛の治し方を医師から教えてもらおう|効果的な頭痛改善メソッドAll Rights Reserved.